2005年11月14日

ふと思い出す。

ある日。

急に、
思い出したように。

「あの人」のことを思い出した。

昔と言っても、去年はすぐそばにいて
いつでも手を差し伸べてもらえる距離にいて



いつも一緒にいた。



離れたくなかった。


なのに、
急に引っ越さなければならなくなったあの日
静かに「・・・わかった。」って言ったね。

引越しの前日。
2人きりになった途端泣き出した私に向かって
一生懸命、励ましてくれたね。



これで終わりじゃないんだ。




そんなことを思った、6月29日。
posted by まなちょ at 03:01 | 兵庫 | Comment(21) | TrackBack(0) | 日記

2005年11月10日

2003年11月10日

2年前の、今日。

初めてあのメンバーに出会った日。
今でも鮮明に思い出せる。
上司がくれた電話。

朝早くに集合してみんなで車で出かけたこと。
遅くにみんなでゴハンを食べたこと。
それから2週間ほど、
必死になって取り組みつづけたこと。

そして、
あの人に初めて会ったこと。


戻れるなら
あの日にまた、戻りたい。

posted by まなちょ at 21:08 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年10月18日

勝ちとか負けとか

考えたことがあった。
というか、今までのおいらは考えていた。

永遠に勝ち負けの世界だと思っていた。

勝つとか負けるとかより
もっと大切なものを持っていてほしかった。
自分も、持っていたかった。

だから、終りにしよう。
posted by まなちょ at 00:58 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年10月17日

やりたいこと。環境。何か足りないもの。

最近ふと考えた。
仕事は人間関係で成り立っている。

立場の違う人間がいろいろいて
その人たちとうまくやっていくのが仕事において大切なものなのだと。

ただ
それがストレスになるか、ストレス発散になるかで
大きく変わってくる。


前の仕事は
時間的にも体力的にも辛かったことが多かった。
でも、
本気で思ってくれて、叱ってくれて、
あたたかく見守ってくれて・・・
そんな人たちが、たくさんいた。

今はどうなんだろう。

今の時期は
2年前、ちょうど引越し前だった頃。
今の空や今の夜の道の風景は
土地は違うけれど、
あの場所での空や道。

なんでだろう。
なんであんなに惹かれるんだろう。
posted by まなちょ at 01:43 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年10月07日

お疲れ様なのです。

お疲れ様なおいらです。
久しぶりです。本当に。
8月からブログが止まっております。
失礼しました;;

転職したりなんだかんだで忙しく
ブログ書いてる余裕もなく・・・(ノ_-;)ハア…

これから少しずつ、また元に戻せたらいいな。
posted by まなちょ at 02:08 | 兵庫 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月14日

最近。

最近、まったく違うところで日記を書いていたりして
こちらを放置気味。

Σ(・ω・ノ)ノ!

すんません。
posted by まなちょ at 11:43 | 兵庫 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月07日

私の生きる道

「学歴に見合う仕事」っていう定義はいったい何なんだろう。

新卒時の就職活動は
素敵な師匠と、素敵な100人の仲間とに支えられながら
たくさんの議論をかわしつつ
お互いの適正を見つけ、納得いくものだったと思う。
早い時期に内定ももらったし
内定後の迷いも、きちんと消化して
来るべき次の転機のために、自分で決めて出した結論だった。

私が勤めていた前の会社は
親にでも言わせて見れば、バイトでできる仕事。
つまり、
「こんな仕事をさせるために高い金払って大学にやったんじゃない」
といわれるところだった。

通学時間も1時間そこそこ、
うちの高校からも多数が進学する、偏差値も高くなく
近隣でしか名前も通じない大学がうちの近くにはいくつもある。
「○○大学」「あー、みんなよく行ってるね」
そんな会話で済んでしまう学校だった。
(別にその学校を否定する気はない。私には関係のないところだから。)
親はもちろん、そこに行ってほしいと思っていたようだった。

私はそれを、見事に裏切った。

勉強したいことがあって、でもそれを満たしてくれる学校はないと
近隣の学校見学に行くたびに悩んでいた高校3年生の私に
突然舞い込んだ、母校となった大学の話。
私はそこに、なぜか無事に合格した。
思ったとおりの大学だった。
偏差値も決して高くはないけど(ランキング表では割と上にいるけど…)
落ち着きがあって、みんなマジメで、あったかい大学だった。
自宅からは、3時間近い通学時間を必要としていた。
伝統もあって、割と一目おかれる大学ではあった。
別に自慢する気ではないけれど、私にとっては最高の大学だった。

そして、そこを1単位も落とすことなく4年できっちり卒業した私が就職したのは、
いわゆるサービス業。
前述したように、バイトでもできる仕事ではあった。
たった2年しかいなかったけど
何度も転勤を繰り返し、そのたびにたくさんの上司に出会い、バイトメンバーにも出会った。
生活リズムも少しおかしく(笑)、体も壊した。
転勤を繰り返したおかげで、貯金もできていなかった。

妹は、未だ中卒。(現在通信高校7年目。なんつーヤツだ)
仕事はしていて、休みもなく働いている。
パート扱いなので働いた分だけ稼いでくるから
私より金持ちである。


親が言うのは、こうだ。
「あんた大学まで出したのにあんなとこ就職するから。」
「オカネも貯まってないし、カラダは壊すし、ロクなことなかった。」


親だろうがなんだろうが
私にしてみたら、絶対許せない言葉だった。


言うなら、好きなだけ言ってくれてもいいけど、
私の前だけでは絶対言うな。

その言葉は
私が生きてきた24年間、もっといえば自分の意思を固めてきた
大学4年間。
そして、私が尊敬していた上司、その他上司(笑)、
先輩、同期、後輩をも馬鹿にしている言葉である。

あの仕事を表面からしか見ることのできない
何も知らない、知識のない人間に、何も言われる筋合いはない。



私の友達や先輩にも、
私よりずーーーーっとエライ、いわゆる高学歴仲間で
私と同じような仕事に就いた人がいる。何人も。

そのまま、黙っていれば学歴に見合ったような
誰もが「すごい」と言うであろう就職先(職種)にいくことが約束されていた。
彼・彼女たちはそれを蹴った。
その中には、もう転職してしまった人もいるけれど
同じように悩みながら、自分の仕事に誇りを持って働いていた。


彼・彼女、そして私にとって、
仕事はオカネを得るためだけの手段ではない。
オカネが純粋にほしいならば、いくらでも稼げる仕事はある。
(法に触れない程度でねw)
お金のためだけに働くのは寂しいことだと思っている。
甘い!といわれるかもしれないけれど。
それでもいい。

それが私の、生きる道だから。
posted by まなちょ at 14:42 | 兵庫 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

宣言しておきながら。

うぅむ。またも放置してしまった。
タグふれも放置系。
気がついたら、池もおうちもなくなってたぞ。

こういうアイテム系、
どうしても初めは燃えるんだけど(笑)
だんだんめんどくさくなっちゃうんだよな。
アイテム集めるだけに他の人のブログ行くってのも
よく考えてみりゃ失礼な話しだし。
ずっと走り続けることがどうやら苦手なようだ。

今日から一週間夏休み。
しっかり休んで、休み明けに備えよう…。
posted by まなちょ at 13:02 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月27日

ルートビア

買い物に行ったら、
お店のすみっこで、さりげなく( ̄□||||!!
沖縄物産展があった。
物産展というほど大げさ?!でもなかったけど…。

そこであたい、
何を思ったかルートビアを買ってみた。
沖縄にある、あめーりけんなファーストフード店、A&Wの飲み物。
ビアという名前で、ビール(ジョッキ)の絵も書いてあるけど、
ビール(アルコール類)じゃないよ。ただの炭酸飲料ですよん。わくわくどきどき。

▼こんな缶。

aw-kan.JPG


▼コップに入れてみると…コーラですか?的色合い。

aw-glass.JPG


ニオイをかいでみると、

・・・湿布ですか???

飲んでみた。

・・・湿布ですか???

そう、湿布の香りと味(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)

でも、甘めで、結構飲めた♪
まずいかなーと思ったけど、クセがあるぶん初めは飲みにくいけど
なんだかクセになる…。

初めての体験でした(・∀・)ニヤニヤ
posted by まなちょ at 22:02 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

久しぶり。

ブログサボっておりました。
ごめんなさい、はい。

復活宣言したはいいものの、
すぐにサボりました。ええ。すみませんのことよ・゚・(つД`)・゚・


いいわけ。


おいら、転職することになりました。

新卒で入った会社を5月で退職。
将来に対する不安(会社に対して、ではなく仕事に対して)があったのと、
激務とストレスから倒れたことが原因。
というか、病気になったからやめるきっかけができた、というほうが正しいのかも。

それから2か月。

ちょうど退職日から2か月後。
私は新しいスタートを切ることになりました。

ずっと前から憧れていた仕事。
でもあえて、新卒すぐでは就かなかった仕事。

やっていけるか、
どうなるか不安でいっぱいですが。
頑張りたいと思ってます。

以上、言い訳でした。
posted by まなちょ at 21:47 | 兵庫 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月22日

時代は変わった…

のんびりネットしていたら、
衝撃の記事発見。

わ、我が母校に、スクールバス?!?

(゜Д゜) ハア??

なんてこったい。
あたいらなんてさ、夏の暑い日も冬の寒い日も
雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズな精神で通い続けたのにさ。
毎日登山は疲れましたぞなもし。

まぁ、
学校が運営しているものではなく
これまで独占市場だった路線に民間が規制緩和により参入してきたと。
利用者は少ないらしい。
うちの学校の子、ゼータクしないよ??(ーー;)

クールビズもチームマイナス6%もどんとこいよ。
環境には優しい、健康維持には最高。
○×大学生万歳ですわよ。

あの頃はよく歩いてたなぁ。
最近めっきりだ。
I黒ハートCARだもんな。いかんいかん。
posted by まなちょ at 03:24 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月21日

クリスマスイブ。

部屋を散らかしまくり、
未だに母上にお菓子を買ってもらう、
ダメダメ24歳。


ついに母上、堪忍袋の緒が切れた。

「あんたねぇ、あんたの友達なんてみんな
結婚して子供までいるっていうのに、あんたが家の片付けせんとあかんのに
何であんたはそんなにぐうたらしてんの!!」

おかーちゃん。アンタアンタうるさいよ。


ふふふ。
24歳。
ストレートに大学入学し、
1単位も落とすことなく無事4年で卒業。
就職浪人することもなく(辞めたけど)、新卒すぐ就職。
ええ、働き盛りじゃないっすか。

おかーちゃん。
言っておきますけどね、
ワタシの友達は誰一人結婚なんてしてないの。
おかーちゃんネットワークで聞く結婚している友達ってのは、
できちゃった結婚とか、そんなもんでしょう。
それ以前に、ただの昔の同級生とか、知り合いレベルなの。
友達じゃないの♪

そしてね、そしてね。
結婚は一人じゃできないのかわいい
相手が必要なの。
まず相手クレ。
(いや、そりゃ、いたんだけどさ、いたんだけどさ。いたんだけど…)


おかーちゃん。
お願いだから、結婚結婚言わないでくらはい。(笑)
posted by まなちょ at 03:08 | 兵庫 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月19日

久々に。

モモちゃんが病気になって以来、
何もやる気が起こらず
ブログなんて書く気にもなりませんでした。
(タグふれでは遊んでますが)

モモちゃん、今はすっかり元気になりました。
でも、大きな病気ではなかったからこそ
気をつけて見ていてあげなきゃと思っています。
自分で何も言えない子たちだから、
人間が気をつけていてあげるしかない。

今日から少しずつ、ブログ生活戻ります。
posted by まなちょ at 15:53 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月13日

ためてました。■その2.愛車点検事件

去る10日。
ワタクシったら、愛車の1か月点検にディーラーさんに行きました。

そのディーラーさんとは、初めて買ったクルマ(前のクルマ)のときからだから
もう3年ほどの付き合い。
クルマだから、3年はまだ短いとは思うけど(笑)

担当の人は、父上の友人の奥様の弟さん。(遠っ)
本当によくかわいがってくれてます。
そのお店自体も、なんというか、一般的な販売店とは違って
家庭的な温かさのあるお店。
来たことが店内にいる社員さんたちに気づかれると、
わざわざおむかえに来たりはしないけど、中からニコッと笑ってくれるし
「いらっしゃいませ」じゃなくて「こんにちは。どうしたん?」。
帰りも、「ありがとうございました」じゃなくて、
「気ぃつけて帰りやー」。

丁寧すぎる対応をされると冷めるというか、
ひいてしまうワタシにとっては最高のサービス。

そんなお店に
免許取ってすぐに買った車と、
そこから2年半で買い換えた車とお世話になってるわけですが。

今回の点検。
担当さんは「オイル交換せんでいいよー」と言って、マイカーを預かった。
受け取りに行くと、担当さんは別のお客さんの対応をしていて
工場長さんが出てきてくれた。
「オイル交換しといたから、またチケットいつでもいいし持ってきといてねー」と。
(点検等がパッケージされたチケット制のものを購入時につけたので)
車に関するすべてをそこに任せているワタシは、「あ、はーい」と
何の疑問もなく「後で持ってきますね」と返事したのです。
あ、やっぱしてくれたんやー。ってな感じで。

チケットを持って再びお店に行くと、
他のお客さんのお見送りで外にいた担当さんに
「どーしたん?ぶつけたか?」(失礼な。笑)といわれ、説明すると。

「・・・?ちょっと待って、オイル交換せんでいいって言って
点検出したで?」

と、お店の中へ。


他の社員さんたちと話していた。
どうやら、オイル交換しなくていいと言って点検に渡したのに、
整備士さんがしてしまったらしい。
ぶっちゃけ、ワタシはどうでもよかった。(笑)


・・・サービスしてくれたるんるん


ええ、別に本当にどうでもよかったのです。
するんならしてくれてよかったし、
チケット使っても実費で払ってもかまわなかった。
「わざわざ来てもらってごめんなー」といわれたけど、
本当に、どーでもよかった(笑)
逆に、悪いなぁと。

おかげさまで、愛車は外も中もピッカピカぴかぴか(新しい)です。

ありがとー揺れるハート
posted by まなちょ at 02:20 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ためてました。■その1.TOKYOゲリラ的探訪記録

去る11日。
ワタシははるばる、TOKYOまで出かけていた。
しかも日帰りで。

行った理由は、第一目的の用事があったから。
でも、ワタシの中ではその目的は実は2の次に位置していた。((`□´)コラッ!)

その目的とは…。

ネットで知り合った大事な大事なお友達と会うこと。

もう長い間、ずっとお話してきていた方たちだったので
何のためらいもなく、不安というか、疑いとか、そういった
マイナスの感情はまーーーーったくなく
初めて会ったのに、初めて会った気もせず、
昔から一緒にいる人たちのようにお話してきました♪
(テキトーなヤツでごめんなさいでしたあせあせ(飛び散る汗))

もともと、あんまりお会いできる時間もないのに、
無理やりお仕事帰りとかに呼び出してしまうの、ホント悪いなーと思いつつ
そのへんはご好意に甘えてしまいました。
ほんと、ごめんなさいー(-人-;)(;-人-)

でもほんと、楽しかった〜かわいい


こんな人たちに囲まれる私は本当に幸せ者ですぅぴかぴか(新しい)
posted by まなちょ at 02:04 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月10日

うまい棒

お菓子界の永遠の王子様。

うまい棒


umaibou.JPG


この存在を、忘れておりました。
先日、妹(21)が買ってたのを「いい年して〜」と小バカにしつつ
食べてみると・・・


イイ゚+.(・∀・)゚+.゚!!



ええ、お蔭様で、
こないだ何本か買っちゃったわよ。
ええ。
うまいわよーーーうまい棒!!



今日のナナ姫。
nanapachi.JPG
posted by まなちょ at 03:39 | 兵庫 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

チコタン

こないだ、「チコタン」の話になった。
そういえば、小学校のときよく聞いていて
中学でよくふざけて歌ってたっけ。

正式名称は、
「こどものための合唱組曲 チコタン −ぼくのおよめさん−」
(蓬莱泰三作詞・南安雄作曲)

小学生の男の子が、同じクラスのチコタン(ちえこさん)に恋をし、
告白したものの、魚嫌いのチコタンにとって、魚屋の一人息子であるらしき
主人公の男の子は無理だったらしい。
彼は、親に反発しながら、チコタンの好きなものだけ売る魚屋をチコタンに提案し
(おい…あせあせ(飛び散る汗))晴れて両想いになったらしい。
そんな矢先、チコタンはダンプに轢かれ事故死…。

最後は「あほぅーー!」という悲痛な叫びで終わる
悲しい歌なのです。

この歌を作詞したのは、
蓬莱泰三さんという方。
「中学生日記」などの脚本家でいらっしゃるようです。

新聞記者で、近年叫ばれる「交通戦争」を目の当たりにし、
悲惨な交通事故の現状を伝えるべく、
悲しい事故をなくしたいという訴えのためにこの歌を書いたのでしょうか。

飲酒運転で死亡事故を起こし(被害者加害者ともに死亡)た父親の子供が
「人殺しの息子」と近所の人々に罵倒されつづける。
そんな両親を恨みつつも、天国の両親の幸せを祈り…。
自分の父によって両親を奪われてしまった子供に向けて
償いの手紙を子供ながらに書くという壮絶なストーリーの歌もある。
それが、「日曜日」という歌。

これを子供に歌わせる(聞かせる)?
という疑問の声もあるかもしれない。

でも、最近の子供たちは命の大切ささえ知らない。
だからこそ、歌わせる(聞かせる)価値のある曲だと、
10数年ぶりに歌詞を見つめつつ、思うのでした。

できれば、教習所でも聞かせてやっていただきたいものです。
posted by まなちょ at 02:36 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ことば。

ここ数年、日本語ブームだと聞く。

小さい頃から、ゲームを買うなら本を!と母親に本を与えられ、
おかげで国語という科目に自然と興味を持つようになり、
ゲームには無関心。初めて買ったゲーム機がNINTENDO DSという人間に
育ってしまった私。

そうこうしていると、
やっぱり日本語や語源、言葉そのものに強い関心があるのです。
だから、言葉に関する反応は人一倍。

テスト問題やプリントの誤字脱字を誰よりも早く発見し
就職時も内定者向け書類等に誤字脱字が多かった会社を初めから信用せず。


ネットの世界では、言葉(文字その他)だけのコミュニケーションがほとんど。
行き違い、考え違い…が発生しやすい。
絵文字云々で印象がすぐ変わる。

ネットでも現実の会話でも、
もちろん流行る言葉はほとんどが文法的間違いなんかをたくさん持ち合わせているけれど
それを使うのは勿論いい。仲間どうしだから。
でも、その裏で、本当の言葉を知っているかどうか。
というのが、大事だと思うのは・・・変なのかなぁ。

posted by まなちょ at 01:47 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月09日

思い出の品 vol.2

コレ。


violin1.JPG


バイオリン。

中学生のとき、かき鳴らして(違)いたもの。
オーケストラ部(仮称)にいたワタシが担当していた楽器。
オケにどんな楽器があるのかも分からないまま
小学校のときから知っていた先輩にひきずりこまれた楽器(笑)

ド○えもんのしずかちゃん、
サ○エさんのマスオさんもできる、
あの楽器である。

意外に、初めて触っても、
「あんな音」は出ないもんだ。
それなりの音は出るヾ(。-∀-)ノ

3年間、とにかく弾きつづけた。
笑いあり涙ありの部活人生はここから始まった。
そして、音楽好きの人生も、ここから始まった。

中学を卒業しそのあと進んだのは
(当時)吹奏楽部がやたらと強かった学校だった。
地獄の部活(高校)生活が始まるのも知らずに(笑)

posted by まなちょ at 01:24 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

思い出の品 vol.1

部屋を少し片付けていたら、懐かしいものがヾ(。-∀-)ノ


te-ji.JPG

教育実習後、指導教諭のセンセイが送ってくださったもの。
先生からの手紙、担当クラスの写真、担当クラスではなかったけど
授業を見せていただいたクラスの作品集。

そう、3年ほど前の6月。
ワタシは大学4回生、教育実習に母校の高校に戻っていた。

ワタシがいた頃と、先生も、雰囲気も少し変わっていた。
でも、ただひとつ、変わっていないことがあった。

先生の、生徒を見る目。

これだけは、変わっていなかった。
厳しいときは厳しいけれど、あったかくって、
教師の不祥事なんて遠い国の出来事のような、やさしい雰囲気。
他校から異動してきた先生たちは、口をそろえて
「この学校は面倒見がよすぎる!」と言ってたっけ。
甘やかしすぎ、というわけではなく
自分たちの生徒は自分たちで守る。というのが徹底していた。
こんな先生を見ていたからこそ、
ワタシは先生になろうと思ったのかもしれない。

そして、今度は教育実習生として、先生のたまごとして
ワタシが高校生活を過ごした同じ教室で
教壇に立っていた。

そこにいたのは、
決してアタマはよくないけど(笑)素直なかわいい子どもたち。

この子たちに、ワタシが話してあげられること
教えてあげられることは、まだない。

そう感じて、
大学出てすぐの教師の道を、自ら閉ざした。

そんなことを、ふと思い出した。
posted by まなちょ at 01:16 | 兵庫 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。