2005年08月07日

私の生きる道

「学歴に見合う仕事」っていう定義はいったい何なんだろう。

新卒時の就職活動は
素敵な師匠と、素敵な100人の仲間とに支えられながら
たくさんの議論をかわしつつ
お互いの適正を見つけ、納得いくものだったと思う。
早い時期に内定ももらったし
内定後の迷いも、きちんと消化して
来るべき次の転機のために、自分で決めて出した結論だった。

私が勤めていた前の会社は
親にでも言わせて見れば、バイトでできる仕事。
つまり、
「こんな仕事をさせるために高い金払って大学にやったんじゃない」
といわれるところだった。

通学時間も1時間そこそこ、
うちの高校からも多数が進学する、偏差値も高くなく
近隣でしか名前も通じない大学がうちの近くにはいくつもある。
「○○大学」「あー、みんなよく行ってるね」
そんな会話で済んでしまう学校だった。
(別にその学校を否定する気はない。私には関係のないところだから。)
親はもちろん、そこに行ってほしいと思っていたようだった。

私はそれを、見事に裏切った。

勉強したいことがあって、でもそれを満たしてくれる学校はないと
近隣の学校見学に行くたびに悩んでいた高校3年生の私に
突然舞い込んだ、母校となった大学の話。
私はそこに、なぜか無事に合格した。
思ったとおりの大学だった。
偏差値も決して高くはないけど(ランキング表では割と上にいるけど…)
落ち着きがあって、みんなマジメで、あったかい大学だった。
自宅からは、3時間近い通学時間を必要としていた。
伝統もあって、割と一目おかれる大学ではあった。
別に自慢する気ではないけれど、私にとっては最高の大学だった。

そして、そこを1単位も落とすことなく4年できっちり卒業した私が就職したのは、
いわゆるサービス業。
前述したように、バイトでもできる仕事ではあった。
たった2年しかいなかったけど
何度も転勤を繰り返し、そのたびにたくさんの上司に出会い、バイトメンバーにも出会った。
生活リズムも少しおかしく(笑)、体も壊した。
転勤を繰り返したおかげで、貯金もできていなかった。

妹は、未だ中卒。(現在通信高校7年目。なんつーヤツだ)
仕事はしていて、休みもなく働いている。
パート扱いなので働いた分だけ稼いでくるから
私より金持ちである。


親が言うのは、こうだ。
「あんた大学まで出したのにあんなとこ就職するから。」
「オカネも貯まってないし、カラダは壊すし、ロクなことなかった。」


親だろうがなんだろうが
私にしてみたら、絶対許せない言葉だった。


言うなら、好きなだけ言ってくれてもいいけど、
私の前だけでは絶対言うな。

その言葉は
私が生きてきた24年間、もっといえば自分の意思を固めてきた
大学4年間。
そして、私が尊敬していた上司、その他上司(笑)、
先輩、同期、後輩をも馬鹿にしている言葉である。

あの仕事を表面からしか見ることのできない
何も知らない、知識のない人間に、何も言われる筋合いはない。



私の友達や先輩にも、
私よりずーーーーっとエライ、いわゆる高学歴仲間で
私と同じような仕事に就いた人がいる。何人も。

そのまま、黙っていれば学歴に見合ったような
誰もが「すごい」と言うであろう就職先(職種)にいくことが約束されていた。
彼・彼女たちはそれを蹴った。
その中には、もう転職してしまった人もいるけれど
同じように悩みながら、自分の仕事に誇りを持って働いていた。


彼・彼女、そして私にとって、
仕事はオカネを得るためだけの手段ではない。
オカネが純粋にほしいならば、いくらでも稼げる仕事はある。
(法に触れない程度でねw)
お金のためだけに働くのは寂しいことだと思っている。
甘い!といわれるかもしれないけれど。
それでもいい。

それが私の、生きる道だから。
posted by まなちょ at 14:42 | 兵庫 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
まなちょさん、おひさです。

この記事を読んで感じたことを正直に
書きますね(^_^;)
当然といえば、当然だけど
「立場が変わると、考えかたも変わる」ってことです。

私がまなちょさんと同じ年頃の時は
まなちょさんみたいに
私が選んだ道。
親といえども私が選んだ仕事に
ケチをつけないでほしい。
と感じてたし、自分の好きなようにやってました。

でも・・・いま親となった私は
「学費を出してやったのは親だ」
「親がここまで育て、大学も行かせてあげたから、今のあなたがあるのよ」
という思いのほうにも共感できます・・・(苦笑)

それだけ誇りをもてる仕事につけたっていうのは、素晴らしい。。。
若いっていいな・・・(-。-;)ボソ

※もし、このコメントが気に入らなかったら削除してね(^_^;)
Posted by ちょこ at 2005年08月07日 21:16
>ちょこさん
ありがとうございますヽ(´・ω・`)ノ
気にいらないだなんてそんな!!

そうですよね。
それもそうなんですよね。
分かってるつもりではいたのですが…。
もしかしたら私が親になって、
子供が大学を出て同じ仕事に就こうとしたら…
もしかしたら、反対するかもしれません。

学べるものも多いし
経験地もかなり上がるけど
それとは別に、体とか勤務時間帯とか
分かってるだけに賛同しがたいかもしれません。

親の立場からのお言葉、
とってもありがたかったです♪

Posted by まなちょ at 2005年08月07日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
★TBされる場合は、コメント等で必ず報告をお願いいたします。
記事と無関係なもの、公序良俗に反するもの等は管理人判断で削除いたします。
ご了承ください。
http://blog.seesaa.jp/tb/5689555
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。