2005年07月09日

思い出の品 vol.1

部屋を少し片付けていたら、懐かしいものがヾ(。-∀-)ノ


te-ji.JPG

教育実習後、指導教諭のセンセイが送ってくださったもの。
先生からの手紙、担当クラスの写真、担当クラスではなかったけど
授業を見せていただいたクラスの作品集。

そう、3年ほど前の6月。
ワタシは大学4回生、教育実習に母校の高校に戻っていた。

ワタシがいた頃と、先生も、雰囲気も少し変わっていた。
でも、ただひとつ、変わっていないことがあった。

先生の、生徒を見る目。

これだけは、変わっていなかった。
厳しいときは厳しいけれど、あったかくって、
教師の不祥事なんて遠い国の出来事のような、やさしい雰囲気。
他校から異動してきた先生たちは、口をそろえて
「この学校は面倒見がよすぎる!」と言ってたっけ。
甘やかしすぎ、というわけではなく
自分たちの生徒は自分たちで守る。というのが徹底していた。
こんな先生を見ていたからこそ、
ワタシは先生になろうと思ったのかもしれない。

そして、今度は教育実習生として、先生のたまごとして
ワタシが高校生活を過ごした同じ教室で
教壇に立っていた。

そこにいたのは、
決してアタマはよくないけど(笑)素直なかわいい子どもたち。

この子たちに、ワタシが話してあげられること
教えてあげられることは、まだない。

そう感じて、
大学出てすぐの教師の道を、自ら閉ざした。

そんなことを、ふと思い出した。
posted by まなちょ at 01:16 | 兵庫 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
捨てられない大事な思い出ですよね。
いろんな人生がありその中でまなさんは、
教育実習と言う立場でですが良い経験を
されたようですね。

部屋のお片づけってこういう色んな物が出現しちゃうと
見入ったり、感慨にふけったりして
ハッと我に返ると時間だけが過ぎていて
全然片づいてなかったりする私です。
Posted by ゆうりん at 2005年07月09日 01:26
>ゆうりんさん
ありがとございます(つД`)

部屋の片付けって、ほんと大変ですw
すぐいろんなもの見つけてしまいますよね。
数ヶ月前、実家に引っ越してきたのですが(それまで一人暮らししてたので)
そのときも大変でした(; ̄ー ̄A
Posted by まな at 2005年07月09日 01:49
まなちょさん、こんばんは。
私も19歳の際、教育実習に行きました。
私は、教える立場には、とても無理だということを身にしみました。
また、私が行った中学校の先生で、生徒の悪口をいう先生、私のクラスにはいじめはないと思いますと言い切る先生。甘いのかもしれないですが、こういう環境の中では働けない!と思ったのもやめた原因です。。ま、それよりもやりたいことがあったからかな〜それが一番ですね!
Posted by KaZ at 2005年07月09日 17:58
>KaZしゃん
ほえー。中学校だったんですか♪
ワタシは中学もとってたんですけど、中学生はどうも苦手で(笑)高校しか考えてませんでした。
友達に中学校の先生がいるんですけど、
話聞いててもやっぱり中学は難しいみたいですね、年齢的にも。
進学も当たり前だし、選択肢はほとんど「高校」しかないし。本人の意思がまだほとんどない頃だそうで。
中学校、実習行っただけでも尊敬です(; ̄ー ̄A
Posted by まな at 2005年07月09日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
★TBされる場合は、コメント等で必ず報告をお願いいたします。
記事と無関係なもの、公序良俗に反するもの等は管理人判断で削除いたします。
ご了承ください。
http://blog.seesaa.jp/tb/4936653
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。