2005年06月22日

自分のズルさ・・・

こないだ、前の会社のバイトの子とゴハンを食べに行った。
そこで聞いた話が・・・


たくさんの上司たちが最近辞めたがっている。
その話し合いのために、上司の上司が来て集まっていた。
ものすごく重かった・・・


何それ。


ものすごくワタシにとっても重かった。
自分も辞めておいて、ものすごく自分勝手だけど
やめてほしくなかった。

辞めたい、という理由も、気持ちも勿論分かる。
ワタシも含め、全社員がきっと思っていることは同じだったはずだから。
上司はワタシたちなんかより、さらに重い責任を負わされている。
重いどころか、本当に苦しいものだと思う。
それを、部下への愚痴?だけで笑いながらやってしまう上司は
本当に神様だと思っていた(笑)


ワタシはそこから、いの一番に、逃げた。


同じ年齢の、同じような学歴の、他の会社に行ったコに比べ、
負わされているものは重かった。
でも、上司たちに比べると、なんてことのないものだった。
「もうやってられない」なんて軽く言うんじゃなかった。
確かに、求められたものは自分の力を超えていた。
でも、できなくても怒らず、励ましてくれる上司がいた。
なのに、ワタシは逃げた。

自分の身勝手さに、嫌気がさした。

もう過去のことだし、関係ないと思っていても
それだけは、許せなかった。
posted by まなちょ at 05:35 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
★TBされる場合は、コメント等で必ず報告をお願いいたします。
記事と無関係なもの、公序良俗に反するもの等は管理人判断で削除いたします。
ご了承ください。
http://blog.seesaa.jp/tb/4525430
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。